ライフジムにようこそ

日々の生活にちょっと役立つ情報を発信できればと思っています。

風神・雷神だけじゃない。建仁寺の魅力を紹介。 (Kyoto,Kenninji)

f:id:Hanzolifegym:20191213170020j:plain
・建仁寺の風神雷神図屏風(陶板複製画 2018/12末)

何となく風神雷神を見たくなり建仁寺を訪れました。

メインの目的は風神雷神図屏風を見ることでしたが、他にも色々見所がありますので、今回は建仁寺について紹介します。

見どころ

建仁寺は京都最古の禅寺で臨済宗建仁寺派の大本山です。

祇園、花見小路を歩いていくと突当りにあります。

開山は栄西で、1202年(建仁二年)に建立されたことから建仁寺となったそうです。

栄西は禅の他、お茶についても日本に持ち帰って広めたようですね。

風神雷神図屏風(The Wind and Thunder Gods)

建仁寺本坊、大書院奥に風神雷神図屏風が展示されています。

ガラスでカバーされていていかにも本物のように展示されていたのですが、実はこちらも高精細な複製画です。

f:id:Hanzolifegym:20191213215532j:plain

本物は京都国立博物館にあります。言われないと分からないですね。

でも建仁寺で見るから雰囲気がある気がします。

歴史や美術の教科書などでも一度は目にしたことのある風神雷神、迫力がありました。

色々な風神雷神がありますが、やっぱり自分の中では風神雷神というとこれですね。

潮音庭(Cho-on-tei Garden)

中央に三尊石があり、その周りには楓などの木々、緑の苔のある庭です。

こじんまりとしていてシンプルですが、どこか趣のある庭です。

この潮音庭は、小書院、大書院、その渡り廊下などどこから見ても観賞できるような工夫がされています。

大書院縁側のベンチに座っての観賞がおすすめです。

f:id:Hanzolifegym:20191214085225j:plain f:id:Hanzolifegym:20191214085240j:plain

f:id:Hanzolifegym:20191214085302j:plain
・潮音庭 1.小書院から,2.大書院から(2019/8),3.大書院角から(2018/12/30)

〇△☐乃庭(〇△☐ Garden

f:id:Hanzolifegym:20191214172711j:plain
〇△☐は宇宙の根源的形態を示すそうで、禅宗の四大思想である地水火風を、☐(地)、〇(水)、△(火)であらわしていると言われています。

いつからこの名で呼ばれているのか、特徴ある名前を付けますね。

大雄苑(Daiouen)

方丈前にある枯山水庭園です。

f:id:Hanzolifegym:20191214181056j:plain f:id:Hanzolifegym:20191214181142j:plain
隅々まで描かれた砂紋は大海を表すのでしょうか。方丈縁側に座ってその雄大さを感じてはいかがでしょう?

法堂の双龍図(Twin Dragons of Hatto)

法堂には釈迦如来像が祀られていますが、なんといっても天井の双龍図の迫力がすごいです。

f:id:Hanzolifegym:20191214182313j:plain

日本画家の小泉淳作によって描かれたものです。

鎌倉建長寺法堂の龍も描いています。やはりどことなく似てますね。

f:id:Hanzolifegym:20191214221205j:plain・鎌倉建長寺の龍図(2019/4)

方丈障壁画(Cloud Dragon)

方丈内には数々の障壁画が展示されています。

f:id:Hanzolifegym:20191214221759j:plain
こちらは雲竜図ですが、近くで見ることができ迫力があります。
これらの障壁画も高精細複製画です。

風神雷神だけでなく見どころ満載の建仁寺に足を運んでみてはいかがでしょう?

基本情報

拝観時間:10:00~16:30(11/1~2/28 16時まで)

拝観料:大人500円、中高生300円、小学生200円

京都駅から市バス206・100系統で「東山安井」下車、徒歩約5分。

その他、「清水道」、「祇園」などからも徒歩約10分程度です。

また、京阪電車で「祇園四条駅」から徒歩約7分、阪急電車「河原町駅」から徒歩約10分です。

八坂神社や祇園からも近く、二寧坂、高台寺なども近いです。

 *参考文献:京都・観光文化検定試験公式テキストブック(淡交社)、京都楽しい社寺カタログ(朝日新聞出版)
公式Web siteはこちらです。建仁寺 The Oldest Zen Temple Kenninji

At Kenninji near Gion, there is a Fujin Raijin-zu byobu(the folding screens of Wind God & Thunder God), which is said to have been written by TAWARAYA Sotatsu.

In addition to the Fujin Raijin-zu, there are plenty of highlights such as Cho-on-tei Garden, 〇 △ ☐ Garden, Daiouen, Twin Dragons of Hatto(Dharma hall), and Wall paintings.Please stop by.

Opening hours:10:00 – 16:30(November~February -16:00)
Admission fees :Adults 500yen, High school and Junior high school students 300yen,  Primary school students 200yen
About 5 minutes on foot from Higashiyamayasui(Kyoto city bus 100,206)
About 10 minutes on foot from Gion, Kiyomizu-michi(Kyoto city bus)

The content is at the time of article creation. Please check the latest information.